HOME >> 手紙
ご両親様からの手紙

※ 無断転載、引用お断りします。

〜 NEW STEP に届いたお手紙をご紹介します 〜

2回目の下見ツアー
申込を終えやっとここまで来られたと思っております。
一昨年の夏に初めてツアーに参加させて頂いてから
娘は毎日必死に勉強してきました。
先生のご指導のおかげもあり、先日のテストで
700点をとれるまでとなりました。
ここまでよくやってくれたと思いますが英語以外の
科目についていけるのかどうかあちらでの食生活は大丈夫
だろうかと心配事はつきませんね。
今回のツアーにて娘が暮らす環境を見せていただくことで
私も母として覚悟しなくてはいけない部分があると思っております。
娘が一人前になる為にはまだまだ先の長い道のりが あると思います。
ご迷惑おかけすることばかりだと思いますがどうぞよろしく お願い致します。
お返事
ここまでの2年間の道のり、大変なものだったと思います。
独学で英語の勉強をし、700点もの点数が取れるまでに
なるには相当の努力が必要であり、お嬢様を応援して差し上げた
お母様と二人三脚で得たものであると思います。
お嬢様が決めたゴールをまずは突破しましたよね(*^-^*)
あとは現地で新しいスタートをきるのみです。
どの科目につきましても、現地で教員免許をもった者が
きちんと授業のフォローを致しますのでご安心下さい。
この辺の部分も実際にご覧になって頂きたく思っております。
ホームステイ先、学校までの治安、学校の先生方にも会って 頂き、ご安心頂きたく思います。
その他、ご心配なことがございましたら、どんな事でも結構ですので お気軽にお知らせ下さいね(*^-^*)
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
まずは16日からのツアーでお会い出来ることを楽しみに しております♪
下見ツアーを終えて
先日は大変お世話になり、有り難うございました。
既に現地で生活をされているお子様にもお会いできた事で、
娘は海外への期待をふくらませたようです。
参加させて頂くまでは主人も私も心配ばかりでしたが
ようやく決心できたと申しますか、娘は海外で生活を
した方が幸せであると確信できたような気がしております。
とは申しましても、私共は海外での生活に無知であるため
これからも先生にご迷惑をおかけすることになるかと
思いますが、どうか娘をよろしくお願い申し上げます。
思い起こせば、つい先日まで毎日地獄のような日々でした。
娘の気持ちや望みが分からず、意思の疎通もできず、
時間が経てば経つほど、娘との距離が開いてしまう不安に
押しつぶされてしまいそうでした。
先生にお世話になってもう2年余りになりますね。
手のかかる娘の良き友であり、姉であり、時には厳しく、しかし
常に温かく見守って下さったこと、改めて感謝申し上げます。
実は、ツアーに参加させて頂いている間にこんなことがありました。
私共が日本を発った日、主人が書斎の引出に娘からの手紙を
見つけました。
たった一言でしたが、ごめんね。ありがとう。と
書いてあったそうです。
声を詰まらせ話す主人に、思わず私も涙が出ました。
娘は、先生のおっしゃる、新しい道を見つけることが
できたような気がしております。
やっと見つけたこの道を、今度は辛く悲しい思いをせぬように
見守ってやりたく思っております。
先生には今後もお世話になることが多いと思いますが、どうぞ
よろしくお願い申し上げます。
ツアーでは大変良い時間を過ごせました。
お忙しいところ本当にありがとうございました。
お返事
ご参加頂きありがとうございました。
お嬢様は懇談会で、たくさんの質問をして下さいましたよね。
これから自分が暮らすかもしれない海外のことを、とても良く 調べてきてくれたと思いました。
まだ10代の子供が、海外で暮らす決断をするということは とても勇気のいることです。
よくここまで頑張って進んできてくれたと思います。
お父様に贈った『ごめんね。ありがとう。』
大切な大切な、とても温かい言葉ですね(*^-^*)
私も今までの道のり、ご両親様、お嬢様が抱えてきたお気持ちを 想い、涙が出ました・・・
お嬢様が手に入れた新しい道、これからも応援してあげましょう!
今度は、○○ちゃんが体験談を話す番かもしれませんね(*^-^*)
こちらこそよろしくお願い申し上げます。
暑さが厳しくなってきましたので、お体お大事に☆
ページTOPへ