HOME >> ご両親からの手紙

子育てについて

先日はお世話になりました。
娘と思うように話しが進まず面と向かって話しをすることも
ままならず、どうしたらよいものか長い期間悩んできました。
まさか娘が学校でいじめられ不登校になってしまうなんて
信じられませんでした。
私は母親として娘の何を見てきたのだろう、間違った子育てを
してしまったと自分を責めていたように思います。

先日の面談時に先生がおっしゃっていた子の心親知らず、
そのままでしたね。
おかげさまであれからは、ずいぶん娘と話ができるように なりました。
主人を避けていた娘ですが、父の日にささやかですが
お祝いまでできるようになりました。

久しぶりに主人と娘の笑顔をみた気がします。
いつも先生を頼ってばかりで申し訳ありませんが、お力
お貸し頂きたく思います。よろしくお願い致します。

タザキより
大切に愛情を注いで育ててきたお嬢様の笑顔が見れることは、
何より幸せなことですよね(*^-^*)
子育ての仕方に『これで完璧』というものはないと、私は 思っています。
我が子に良かれと思った事を最大限してやりたいと
思うのが、当然の親心であると思います。
時には愛情が空回りしてしまう事も、重荷に感じられてしまう事も
あるかもしれません。
回り道をしても、脱線してしまっても、いつか必ずその愛情を理解し
感謝してくれる日がくるものです。
親子だからこそ、親子でなければ乗り越えられないことがあると 思います。

今、何かを1つ乗り越えたのではないでしょうか?
お嬢様のこの先のたくさんの笑顔のために、私共でお手伝い
できることがございましたら、お気軽にご相談下さいね(*^-^*)

※ご本人の許可を頂き掲載しています※
※記事の無断転用を禁じます※

| タザキ | ご両親様からの手紙| ↑TOP

2回目の下見ツアー

申込を終えやっとここまで来られたと思っております。
一昨年の夏に初めてツアーに参加させて頂いてから
娘は毎日必死に勉強してきました。
先生のご指導のおかげもあり、先日のテストで
700点をとれるまでとなりました。

ここまでよくやってくれたと思いますが英語以外の
科目についていけるのかどうかあちらでの食生活は大丈夫
だろうかと心配事はつきませんね。

今回のツアーにて娘が暮らす環境を見せていただくことで
私も母として覚悟しなくてはいけない部分があると思っております。
娘が一人前になる為にはまだまだ先の長い道のりが あると思います。
ご迷惑おかけすることばかりだと思いますがどうぞよろしく お願い致します。

タザキより
ここまでの2年間の道のり、大変なものだったと思います。
独学で英語の勉強をし、700点もの点数が取れるまでに
なるには相当の努力が必要であり、お嬢様を応援して差し上げた
お母様と二人三脚で得たものであると思います。

お嬢様が決めたゴールをまずは突破しましたよね(*^-^*)
あとは現地で新しいスタートをきるのみです。

どの科目につきましても、現地で教員免許をもった者が
きちんと授業のフォローを致しますのでご安心下さい。
この辺の部分も実際にご覧になって頂きたく思っております。
ホームステイ先、学校までの治安、学校の先生方にも会って 頂き、ご安心頂きたく思います。
その他、ご心配なことがございましたら、どんな事でも結構ですので お気軽にお知らせ下さいね(*^-^*)

こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
まずは16日からのツアーでお会い出来ることを楽しみに しております♪

※ご本人の許可を頂き掲載しています※
※記事の無断転用を禁じます※

| タザキ | ご両親様からの手紙 | ↑TOP

≪ 前のページ (5/8ページ) 次のページ ≫

ページTOPへ